トップに戻る

六角凧サブレー
新作・定番ケーキ
ゼリー
特撰銘菓
会社概要
店舗紹介




このサブレーが、昭和41年の誕生以来、新潟県三条市の代表的なお菓子として40年以上も、愛されている理由は?

ヤマトヤは、昭和35年当時、三条市で最初の洋食屋として活気がありました。お店では、喫茶店としてコーヒー、ケーキを出していましたが、お客様から、洋菓子は日持ちがしないので(当時はバタークリームが主流でしたが)「贈り物として、日持ちのするものがほしい」そんな要望が自然発生的に寄せられました。

「三条市のお菓子として、皆さんに愛されるものをつくりたい。」

こんな気持ちから、当時の大竹社長、大竹専務、黒田工場長と開発に取り組みました。何せ当時三条市には、お土産としてのお菓子がありませんでしたので、参考材料もなく、様々な部分で苦労がありました。


「三条凧合戦」がモチーフ。でも現在のサブレーが完成するまで、苦労の連続でした。

開発のヒントとなったのは、三条市の伝統的な行事「凧合戦」“たこがっせん”ではありません。“いかがっせん”と呼びます)。大正時代から受け継がれているこの伝統行事に因んだお菓子に決定するのには時間はかかりませんでしたが、いまのサブレーになるまでかなりの時間を要しました。「当社独自の味」にこだわっていましたので、なかなか香りのポイントになるバターひとつでもうまくいかなかったんです。
しかも、当時は希望のバターも量的に入手することはむずかしく、独自で開発して確保するしかなかったのです。今の香りあるバターの原型は、昭和41年に出来ました。この素材に関しては40年余経った現在でもほとんど変わりません。(右の写真は発売当時の缶入り凧サブレーです)


今では三条市のお土産といえば「六角凧サブレー」。もう一つの人気の秘密は?

40年以上もの間、三条市のお土産の定番として、「六角凧サブレー」は愛されてきました。定番となった人気の秘密は、1)変わらない味 2)凧合戦をモチーフにしたカタチの他に、発売以来、サブレーにおまけでつけている三条凧合戦の凧をそのまま小さくした「ミニ凧」です。しかもかなりリアルです。種類は現在11種類。(2009.1.6現在)廃盤ものもあわせれば14種類くらいあるでしょうか。
コレクションされている方もいらっしゃいます。
凧は、縁起ものとして重宝されますのでいつまでも飾っていただけるんです。お客様のご自宅でたまに見かけますと嬉しいものです。


一枚一枚手作りなので、数ができないんです。

このサブレーには、凧の絵柄が入っています。この歴史上の武者絵を浮き出すための思考錯誤も結局、一枚一枚、人の手で卵を絵柄のミゾに塗りこむこと以外考えられませんでした。この工程は今どき珍しいと思います。だから一日のつくる数も現在の地元店舗分で精一杯なんです。
しかし、40年以上、地元のお客様に愛され、ご愛好戴いている訳は、この「手づくりへのこだわり」のおかげだと思います。



六角凧サブレーのご注文はこちらからどうぞ!
ご注文はこちらから



このサブレーが40年以上愛されてきた理由。

六角凧サブレーの商品を紹介します。

人気の秘密!ミニ凧コレクション。

六角凧サブレーネーミングの由来、六角凧合戦の歴史。