トップに戻る

六角凧サブレー
新作・定番ケーキ
ゼリー
特撰銘菓
会社概要
店舗紹介

ヤマトヤHistory〜大正8年から昭和42年 ここにヤマトヤの原点があった〜

トップ > ヤマトヤHistory > ヤマトヤの原点

ヤマトヤの原点〜全てはここから始まった〜

昭栄店店頭
昭栄店店頭
寺町店店内
寺町店店内
T8・12 創業 (故)大竹藤太郎氏が個人企業として三条市一ノ町520番地(寺町通り)に精肉販売及び料理業を開業
S1・12 移転 三条市一ノ町949番地に移転(80平方米)
S9・4 店舗改築 当時としては珍しいモルタル三階建築とし、屋上庭園は夏季ビアホールとして解放
S13・10 店舗拡張 隣接家屋を買収。料理食堂業を併業(182平方米)
S19・3 営業停止 3月5日 戦乱激化のため営業停止令
同年 創業者逝去 3月17日 創業者大竹藤太郎氏、過労と高血圧症により永眠
同年 営業認可 3月20日 大衆食堂として営業認可
S20・8 店舗解体 8月8日 市街地強制疎開により店舗一部を(屋上庭園より)解体しはじめる。解体作業進行中8月15日終戦
S23・4 近化経営 近化経営のスタートを切る
S28・10 法人化 10月1日 資本金100万円合資会社大和屋として発足。代表社員大竹カツ
S30・2 改装休業 一般の要望に応え食堂経営を近代化するため旧店舗を2ヶ月間休業し、大改装を行う
S30・4 新装開店 4月29日 面目を一新。レストラン大和家として新装開店
S35・5 出前廃止 5月15日 社員の質向上とプライドアップのため出前廃止にふみきる
寺町店 レストラン・グリル

寺町店 レストラン・グリル

三条の中心街にあり、附近一帯は市内でも一番繁華街な所で三階建、間口13米・奥行14米・総面積182平方米の上品で明るい大衆的な店舗です。

ヤマトヤHistoryヤマトヤの原点事業の拡大(株)ヤマトヤ発足

ヤマトヤHistoryトップへ戻る
ヤマトヤ誕生
事業の拡大
(株)ヤマトヤ発足

あなたも、わたしも、
みんなで甘く歌いましょう

ヤマトヤの歌
愛のお菓子

作詞:和田かおる/作曲:服部克彦
歌:天地総子



上のボタンをクリックすると歌が聴けます。
視聴するにはマクロメディア・フラッシュのプラグインが必要です。


・はずむ足音 デートした日
きっと私を 待っていた
ヤマトヤの ヤマトヤの
お菓子は好きよ
しあわせの味 もう一つ

・・二人歩いた 浜辺の波が
そっとやさしく 夢を呼ぶ
ヤマトヤの ヤマトヤの
愛のムードが 嬉しいの

・・・花も飾った あなたもいます
こんな素敵な ひとときに
ヤマトヤの ヤマトヤの
お菓子を添えて
甘いお話 いつまでも

[▲ 歌詞を閉じる]

[▼ 歌詞を見る]