トップに戻る

六角凧サブレー
新作・定番ケーキ
ゼリー
特撰銘菓
会社概要
店舗紹介

ヤマトヤHistory〜大正8年から昭和42年  ここにヤマトヤの原点があった〜

トップ > ヤマトヤHistory > 事業の拡大

事業の拡大〜急成長と再構築、波乱の時代の幕開け〜

S35・12 昭栄店開店 12月17日 三条田町1448番地(昭栄通り)に洋菓子販売及び喫茶を開店(130平方米)
洋菓子製造部は三条一ノ町936番地(現調理仕込場)に設ける
S37・5 料理業廃業 5月1日 時流にそく応じた企業形態に転換するため、二階お座敷料理業を閉業
S37・7 グリル開設 料理業の閉業によって寺町店の一部をグリルに改装
昭和37年春の慰安旅行
昭和37年春の慰安旅行
S38・6 昭栄店拡張 11月3日 三条神明町(昭栄通り)に完成した株式会社新潟名店街(14店寄合)に出店。洋菓子の販路開拓に乗り出す
S39・5 燕店開店 5月3日 燕市仲町に洋菓子販売及び喫茶を新規開店(66平方米)
S40・8 新工場落成 8月26日 製菓工場が工事費700万円(付帯設備含)で三条市西本成寺3721番地に竣工。洋菓子及び冷菓の製造を開始(200平方米)
S40・9 記念公演会 9月24日 新工場落成。東三条店開設を記念して、京都一灯園すわらじ劇園を招き、新潟日報社、三条社会福祉協議会のご後援を得て、三条市厚生福祉会館大ホールで記念講演会を主催し好評を博す(ビルマの堅琴ほか)
寺町店グリル
寺町店グリル

ヤマトヤHistoryヤマトヤの原点事業の拡大(株)ヤマトヤ発足

ヤマトヤHistoryトップへ戻る
ヤマトヤ誕生
事業の拡大
(株)ヤマトヤ発足

あなたも、わたしも、
みんなで甘く歌いましょう

ヤマトヤの歌
愛のお菓子

作詞:和田かおる/作曲:服部克彦
歌:天地総子



上のボタンをクリックすると歌が聴けます。
視聴するにはマクロメディア・フラッシュのプラグインが必要です。


・はずむ足音 デートした日
きっと私を 待っていた
ヤマトヤの ヤマトヤの
お菓子は好きよ
しあわせの味 もう一つ

・・二人歩いた 浜辺の波が
そっとやさしく 夢を呼ぶ
ヤマトヤの ヤマトヤの
愛のムードが 嬉しいの

・・・花も飾った あなたもいます
こんな素敵な ひとときに
ヤマトヤの ヤマトヤの
お菓子を添えて
甘いお話 いつまでも

[▲ 歌詞を閉じる]

[▼ 歌詞を見る]